1. ホーム
  2. 乳酸菌のちから
  3. ≫夏は足が臭い!水虫になる!足の臭いや水虫対策にも乳酸菌!

夏は足が臭い!水虫になる!足の臭いや水虫対策にも乳酸菌!

子供や旦那が帰ってくると、足が臭い!すぐにお風呂に入って!と言うと人をばい菌扱いするな!って怒られるんですが、本当に臭いから!!

こっちは臭い足で家を歩き回らないでくれー!と悲鳴をあげたいくらいイヤなんですよ。夏って足が臭くなるし、水虫にもなりやすいので足の悩みが増えるイヤな季節ですよねぇ。
足
今回は、足の臭いや水虫対策にも乳酸菌がお役立ちしますよ!というお話です!

なぜ足が臭くなるのか?

足が意外に汗かきだという事をご存知ですか?季節に関係なく、一日にコップ一杯もの汗をかいているんですって!

皮靴やストッキングなどが足の汗の逃げ場をなくし、また湿度が高く気温も高い中でどんどん足の雑菌が繁殖し、強い臭いが発生する環境を作ってしまっているのです。

同じ靴や靴下を長時間履いている場合も同じです。これはまた、水虫が発生しやすい環境と同じです。つまり、足の臭いが気になる場合は、水虫にも注意が必要なんです!

水虫を甘く考えちゃダメ!なりやすい!治りにくい!見つけにくい!

毎年夏になると、水虫になるという人がいます。冬の間は治まっていたのに、暖かくなってくるとまたやってくる、しつこい水虫に悩まされている人は実は多いようです。

水虫は白癬(はくせん)菌というカビ(真菌)の一種が繁殖して生じる病気で、日本人の4人に1人がかかっていると言われています。白癬菌は高温と湿気が大好きな菌で、今がシーズン真っ盛り。逆に低温の冬場は不活発になります。

この菌は人間に寄生しますが、土、犬、猫、牛にも寄生します。このため室内飼いの犬や猫から感染するケースもあるそうです。

足の裏はほかの部位の皮膚よりも表皮が厚く、細胞のターンオーバーが遅いため、細菌がとどまり繁殖しやすいのです。その上、靴という狭い空間で湿度も上昇しやすく、高温ジメジメというカビが大好きな環境にもなります。

白癬菌は、皮膚の奥深くにまで根を張ります。夏の白癬菌が活発な時にだけ水虫薬を塗って症状がおさまり、そこで薬の使用など水虫の対処をやめてしまうと、白癬菌は冬を越して、春になるとまた活動を開始し始めます。

これが恐ろしい、水虫スパイラルの始まりなんですね!痒みもなくなり綺麗な皮膚に戻っても、実は皮膚の奥には白癬菌がまだ生きているのですから。。

また、タチの悪い事にあまり痒みを感じないタイプの水虫もあるため、気づかないうちに症状が進行しやすいケースも!放置すると痒くてひっかいているうちに黄色ブドウ球菌に感染し、リンパ管炎をおこすときもあります。

リンパ腺が腫れて足がパンパンになり歩けなくなったり、糖尿病患者では足を切断するという恐ろしい例もあります。

正直、水虫なんて痒いだけ、皆なるでしょ?と侮っていませんでしたか?また、水虫は感染症ですから、自分だけでなく家族や友人などに知らず知らずうつして迷惑をかける事もあるかもしれもしれません。

臭いがキツい、痒みがあるなど気になる症状が見られる場合は水虫のサインかもしれませんので、一度専門医に診てもらうことをオススメします。

水虫かな?と思っても別の病気の場合もあるので注意が必要です。私の母も市販薬を1カ月使い続けても治らなかったため病院に行ったら、別の菌による別の皮膚病でした。

汗をかく夏場は、様々な皮膚病リスクが高まる時でもあります。薬には副作用もありますから、素人判断で市販薬を使い続けるとかえって治りを悪くし、苦しみが長引く事になりかねません。

母の場合も、病院で顕微鏡検査を受け、菌を特定し正しい治療薬を使う事ですぐに治す事が出来ました!

足の臭い・水虫は皮膚上の悪玉菌が原因!

臭い
水虫の治療は専門医の指導や薬を使うにせよ、水虫に感染してしまった理由について考えないと、また感染して苦しむ事になるかもしれません。

人間の体は腸内だけでなく、日々皮膚上でも善玉菌と悪玉菌が優劣を競っています。このバランスが悪玉菌優勢の状況に変化した時、肌トラブルが起こります。

実際に、アトピーの人の皮膚を調べると、皮膚上の悪玉菌である黄色ブドウ球菌や真菌が多くなっている事が分かっています。皮膚上の善玉菌が多いと、お肌はツルツル、トラブルなし!なのです。

足が臭くなるのは、実は皮膚に棲んでいる悪玉菌である黄色ブドウ球菌や真菌などの菌が汗や皮脂、角質や垢を食べまくって、アンモニア、硫化水素などの不快臭の原因となる物質を作っているからなのです。汗は無臭?!臭いは菌が作る

皮膚の常在菌には善玉菌である表皮ブドウ球菌が棲んでいて、表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサとし食べて、弱酸性の脂肪酸を産生し、皮脂から排出される脂肪酸とともに、皮膚面を酸性に保ちます。

善玉菌の表皮ブドウ球菌が皮膚を酸性に保つことは、アルカリを好む黄色ブドウ球菌やカビなどの悪玉菌の繁殖を防いだり、皮膚内部に侵入しないように、皮膚のバリアの役目を果たしているのです。

つまり、足が臭かったり、水虫になってしまうと言う事は、皮膚上で悪玉菌が優勢という事です。同じ夏を過ごしていても、水虫に感染する人としない人がいるのは、しない人は皮膚上で善玉菌がちゃんとカビの繁殖を抑えてくれているからなんですね。

雑菌が繁殖し悪臭が発生したり、カビが優勢になり水虫になるのは、それら悪玉菌の繁殖を抑えていた善玉菌がおいやられている、という非常にマズイ事態が皮膚上で起こっているという事なんです。

同じ夏を過ごすなら、どうせなら足が臭くなりたくないし、水虫になんかなりたくない!!というワケで、皮膚上の善玉菌を優勢にするためにも菌活をしましょう!

薬で水虫は治ります、でも根本的な足の臭い・水虫対策をしないと、またかかるかもしれませんよね?

乳酸菌で足の臭い・水虫対策!

乳酸菌は、悪性物質産生菌の増殖(代謝)を抑制することにより、悪臭を出にくくします。また、乳酸菌は酸性であるので、アンモニアやアミン類などのアルカリ性臭気を中和(酸性+アルカリ性→中和)し、消臭する事が出来ます。

このため、我が家では乳酸菌液のスプレーで消臭しています!オムツの臭いや、靴の臭い、服の臭い、足の臭いなどなど、気になるところには全部スプレー!これが効果絶大なんですよ!消臭剤、洗剤、化粧水、入浴剤にも?!米のとぎ汁乳酸菌がスゴイ!

また、毛細血管が多く血流が滞りがちな手足は、酸素も栄養も行きわたりにくいため手足の肌は荒れやすくなっています。腸内環境が悪いと肌は荒れやすく、腸内環境が良いと肌も健やかでキレイになります。腸の状態は肌に表れる

腸の健康は全身の健康の要。腸内環境悪化により栄養の吸収効率が低下し、栄養不足にも陥ります。その結果、体に様々な不調が表れます。絶好「腸」なら医者いらず?腸と健康の深い関係

腸内環境が悪化する事で全身に送り出された毒素が皮膚に到達し、皮膚の働きを弱め肌トラブルを引き起こすのです。逆に言うと、腸内環境さえ良ければ、肌だって栄養も酸素も充分に送られ、トラブルのないキレイなお肌が手に入るのです!

凄く遠回りをしているようですが、ちゃんと理屈を理解すれば筋が通っていると思いませんか?水虫や足の臭いで悩んでるのに腸って、と思われるかもしれませんが、アナタのお悩みも実は腸の調子が関係しているのかもしれませんよ!

乳酸菌やビフィズス菌など、腸内環境正常化を助けてくれる菌を摂取する事で、美肌効果を得る事ができます。スキンケア商品に美肌効果はナシ?!乳酸菌で美肌作り!

また、乳酸菌は体の内側からの働きかけは勿論、直接肌につける事でも美肌効果を得る事ができます。乳酸菌には炎症を抑え、細胞の再生を促す働きがあると推測されています。

実際、火傷や虫さされ、外傷にも直接乳酸菌を塗る事で効果があるという事が、様々な改善症例があることから確認されています。

我が家では化粧水代わりにパシャパシャ全身に乳酸菌液を浴びたり塗ったりして美肌効果を得ています!お陰様で吹き出物に悩まされる事もなく、菌活のかいあってか腸も肌も絶好調です!^^

乳酸菌は自然界にいる身近な善玉菌ですし、薬などの化学物質ではなく、自然のチカラで安心安全にトラブルが解消されるのが一番嬉しいですよね!乳酸菌は食事やサプリで積極的に摂取しましょう!

おすすめの乳酸菌サプリメント

  • ヘルスエイド ビフィーナS

    アシドフィルス菌、ガセリ菌、ロンガム菌をカプセルで生きて腸まで届ける。「腸内フローラを良好にし、便通を改善する」機能性表示食品。

  • 美のフローラゼリー

    フェカリス菌(FK23)の加熱処理菌体を1包に1000億個配合!加熱処理菌体は善玉菌のエサとなり、生菌の3倍もの免疫力活性効果があるそうです。

この記事のまとめ

水虫や足の臭いって、足を洗って清潔にして薬を塗って、とかそういう外的な事ばかり気を取られがちですが、結局治っても根本的に何故自分は水虫にかかったのか?という所を突き詰めていかないとまたかかってしまいますよね?

原因は実は、アナタの腸内環境にあるかも?腸内環境を正常化させると健康メリットいっぱい!逆に、アナタのその不調も腸にあるのかも。当サイトでは腸内環境の重要性を訴え続けていますので、良かったら別の記事もご参照くださいね!

足の臭いや水虫は洗いすぎで余計悪化する事もあるようなので注意して下さいね!洗うと皮膚を守っている善玉菌も流されてしまいますし、カビさんは湿度が大好き!皮膚の奥まで侵入しているので石鹸で洗っても落ちませんよ!

繰り返しになりますが、同じ環境でも水虫や足の臭いに悩まない人がいます。善玉菌を味方につけて、悪玉菌に負けないお肌を手に入れましょう!

ただでさえ暑くてバテやすい日が続いています。体を内側からも外側からも様々なサポートをしてくれる乳酸菌をしっかり摂って、体の中からも外からも水虫や足の臭い対策をしていきましょう!


Pocket
LINEで送る

【便通の改善におすすめ】 乳酸菌サプリBEST3!

  1. ヘルスエイド ビフィーナS

    「腸内フローラを良好にし便通を改善」する機能性表示食品。ビフィーナシリーズは累計販売実績1000万個を突破!

  2. ビヒダスBB536

    森永ビヒダスBB536はビフィズス菌(BB536)配合の「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」機能性表示食品。

  3. ラクトフェリン+乳酸菌

    ビフィズス菌、乳酸菌にくわえ、健康の維持・増進作用が注目されるラクトフェリンを配合したサプリメント。