1. ホーム
  2. 菌活ニュース
  3. ≫NHKスペシャル【腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー】の放送は2月22日午後9時~!

NHKスペシャル【腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー】の放送は2月22日午後9時~!

NHKスペシャル
2月22日放送のNHKスペシャルのテーマは【腸内フローラ】です!当サイトのテーマでもある「菌活」はその腸内フローラを改善することで病気の予防、体質改善、美容や精神面にも好影響を与えることを目的にしています。

お肌の調子が良くない、ダイエットの成果がなかなかでない・・・そんな時、あなたのお腹にいる“腸内フローラ”が影響しているかもしれません。“腸内フローラ”とは、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを言います。いま、最新の遺伝子解析技術によって、腸内細菌がもつ知られざるパワーが明らかになってきました。
腸内細菌と言えば、「善玉菌」「悪玉菌」という言葉が思い浮かぶかもしれませんが、腸の中には実に100兆匹以上、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が、私達の美容や健康に様々な影響を及ぼしていることが分かってきました。がんや糖尿病などの病気から、肥満やお肌のシワなどの体質まで。
さらには、その影響は脳にまで及び、うつ病とも関係しているのではないかと考えられています。
腸内細菌の全貌を解明すれば、医療に大きな変革をもたらすのではないかという期待が高まり、欧米では国家的な研究プロジェクトが動き出しました。“腸内フローラ”を治療に活かす臨床研究も次々と始まっています。
今や“腸内フローラ”は、人類の寿命を劇的に延ばした「ワクチンの開発」や「抗生物質の発見」に匹敵するインパクトがあるとも考えられています。 私達の体の中の不思議パートナー“腸内フローラ”の秘密に迫ります。
NHKスペシャル|腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー

当サイトでも腸内細菌叢(腸内フローラ)がわたしたちの体や精神にどういった影響を与えるのか?について何度も紹介してきました。

世界的にも大注目の腸内細菌叢のもつ神秘のパワーについて、最新の研究成果を知るチャンス!見逃さないようにしましょう!

NHKスペシャル【腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー】の概要

おなかにいる腸内細菌は100兆個以上あり、その腸内細菌全体のことを腸内フローラという。腸内フローラは人それぞれ。生まれてから一生大きく変化することは無い。ウンチの半分から3分の1は腸内細菌でできている。

肥満と腸内フローラの関係

無菌状態のマウスに肥満の人と痩せた人の腸内細菌を移植(人間の腸内細菌を持ったマウス)して同じ環境下で育てると、肥満の人の腸内細菌を与えたマウスはどんどん脂肪が増え太ってしまう⇒肥満の人の腸内にはバクテロイデスなどの菌が少なく、それが肥満の原因になっていた!

腸内細菌は私たちが食べたものを分解して栄養にしている。この時さまざまな物質を出しており、この物質が人間にとってとても重要な働きをしている。

バクテロイデスは短鎖脂肪酸をつくり出す。脂肪細胞が血管を流れる脂肪を摂りこむことで肥満が起こるが、短鎖脂肪酸は腸から吸収され血液中に入り込み体の隅々まで運ばれていく。短鎖脂肪酸は脂肪細胞が脂肪を摂りこむ働きを阻害することで、肥満を防ぐ効果があったのだ。

短鎖脂肪酸は筋肉などに働きかけ脂肪を燃やす効果もある。脂肪の蓄積と燃焼の両方を助ける働きがあるため、肥満の抑制にとても大きな期待がかけられている。

腸内フローラは老化にも影響している

老化防止に役立つ腸内細菌が作る物質もある。エクオールという物質がその一つ。エクオールは大豆を腸内細菌が分解して作る物質である。エクオールを飲んだ人はシワが浅くなっていったという実験結果も!腸内細菌が作るエクオールが肌のハリを保つコラーゲンを増やしたと考えられる。エクオールには顔のほてりや骨密度低下を防ぐ働きがあることも報告されている。

腸内細菌の種類が多く、数も多いことが健康にとってとても重要なことで、増やすためには食物繊維が効果的。食物繊維は腸内細菌のエサになるため、不足すると腸内細菌のパワーが落ちてしまう。これからは今自分のおなかには存在しないが健康に有効な腸内細菌を腸内にすみつかせ、増やすような方法なども有効だと考えられる。

糖尿病を腸内フローラをコントロールして治療する取り組みも

腸内フローラで糖尿病を治すという薬を開発しているアメリカのベンチャー企業が紹介されていた。彼らの研究によれば短鎖脂肪酸の量が減るとインスリンの分泌が減ることが分かっており、短鎖脂肪酸を作リ出す細菌を腸内に増やすことで糖尿病治療に役立てようとしている。短鎖脂肪酸を作る菌を増やす薬を飲んだ人は、食後にインスリンの分泌量が増えることが実験の結果判明している。腸内フローラを変えるという全く新しい方法で糖尿病治療は大きく進歩するはず。

ガン予防も腸内細菌から考える時代

ガンの予防に腸内フローラを役立てる動きも。ガンを引き起こす腸内細菌「アリアケ菌」を発見された。アリアケ菌が出すDCAという物質が細胞を老化させ、がんの原因になっていると考えられている。また肥満になるとアリアケ菌が増えることも発見されており、肥満とガンの関係の新たな具体的証拠となる研究成果である。

またナッツ菌という最近は前立腺がんを予防する働きがあると考えられるなど、ガンと最近の関係は今後も注目されている分野である。

驚異の新治療法!便微生物移植

健康な人の腸内フローラをそのまま移植する方法「便微生物移植」は、それまでの治療で効果が無い人に対して欧米のガイドラインで強く勧められる治療法になっている。健康な人の便を水に溶かして病気の人の腸に移植するというちょっと抵抗感があるような手法だが、実際に治療を受けた人が登場し、便微生物移植の効果について「とてもよくなった」と語っていたのが印象的だった。

体だけじゃなく、性格にまで腸内フローラの影響が!

性格にまで腸内細菌が影響している。脳で生まれる感情が腸内細菌によって操られている可能性があるのだ。性格の違う「活発マウス」と「臆病マウス」の違いは何なのだろう?これまでは遺伝子の違いによると考えられてきたが、実は腸内フローラに違いがあることが発見された。

実験に、活発マウスの腸内フローラを臆病マウスに、臆病マウスの腸内フローラを活発マウスにそれぞれ移植すると、性格が互いに逆転してしまう実験結果が、何度繰り返しても出てしまう。腸内フローラを入れ替えることでマウスの性格が変わってしまったといえるのだ。

腸内フローラはコミュニケーション能力にも影響する。コミュニケーション能力が低いマウスの血液中には4EPSという物質が増えており、これがコミュニケーション能力の低下に影響することが分かった。試しに4EPSを取り除く薬を飲ませるとコミュニケーション能力が大きく改善した。

同じように人の脳にも腸内細菌は影響するのか?人の体に存在する神経細胞は脳以外では腸に一番多く、腸内神経系と呼ばれている。腸内細菌が作る物質には神経細胞に刺激を与える物質が多数あり、それが脳に刺激を与え、感情に影響を与えると考えられる。腸内フローラが人のうつ病に与える影響も研究されており、データの解析が進められている。

人は腸内細菌の取捨選択を繰り返してきた

地球に存在する細菌類はおおよそ70分類ぐらいに分けられる。その中で人間の腸内に存在するものはわずかに4分類のみである。これは人間が長い時間をかけて細菌と共生してきた中で選び抜いてきた結果なのだ。母親のお腹にいる胎児は完全な無菌状態だが誕生の瞬間に菌が口や鼻から侵入し、少しずつ腸内に棲みつくようになる。しかしすべての細菌が棲みつけるわけでは無く、その選別には腸の中で分泌される物質IgA抗体に特別な役割があることが分かってきた。

IgA抗体は通常侵入してきた菌を攻撃するが、特定の菌に対しては助けるために働く。人間に必要な菌だけを選んで腸に棲みつかせているだ。細菌たちにとって腸に棲みつくことは簡単では無い。なぜなら腸内には流れがあり、押し流されて排出されてしまうからだ。腸の表面にある厚さ0.1㎜の粘液層に入り込むことで腸内にすみつくことができるが、ほとんどの細菌はそこに入り込めない。IgA抗体に選ばれた細菌だけがここに入り込み棲みつくことができるようになる。

人間は細菌とともに進化の歴史を過ごしてきた。その過程で互いに助け合う仕組みを発達させてきた。腸内細菌と一緒になって初めて1つの生命体と言える。しかし近年薬の使用や食生活の変化によって、腸内細菌と人間の体のバランスが崩れ始めているのでは?とも言われている。

番組の内容をおおよそまとめたものが上記になります。腸の調子を整える、といった抽象的なものではなく、具体的な病名、治療法にまで踏み込んで紹介されていたことに驚きました。

どうやら私たちが思っている以上に、腸内細菌、腸内フローラへの注目度は高まっているようです。医学の進歩は腸内フローラの研究によって新しい段階に入る!という声も紹介されていたのがとても印象的でした。


Pocket
LINEで送る

【便通の改善におすすめ】 乳酸菌サプリBEST3!

  1. ビフィーナ®S

    「腸内フローラを良好にし便通を改善」する機能性表示食品。ビフィーナシリーズは累計販売実績1000万個を突破!※1

  2. ビヒダスBB536

    森永ビヒダスBB536はビフィズス菌(BB536)配合の「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」機能性表示食品。

  3. ラクトフェリン+乳酸菌

    ビフィズス菌、乳酸菌にくわえ、健康の維持・増進作用が注目されるラクトフェリンを配合したサプリメント。

※1 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナ®シリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)