1. ホーム
  2. 菌活のきほん
  3. ≫イチから分かる乳酸菌!乳酸菌って何?

イチから分かる乳酸菌!乳酸菌って何?

腸内で発酵を起こすことで腸内環境を良好に保っている善玉菌。その善玉菌の代表格「乳酸菌」についてイチから紹介します。
腸内細菌

乳酸菌にはたくさんの種類がある

まず基本中の基本から。「乳酸菌」という名前の菌がいると思っている人いませんか?

実はブドウ糖から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称を「乳酸菌」といい、個別の菌にはそれぞれ名前が付けられているんですよ。現在確認されている乳酸菌はなんと、600種類もあるんだとか。

同じ乳酸菌の仲間でも性質はバラバラです。酸素があっても生きられる「通性嫌気性」の菌もあれば、酸素があると生きられない「嫌気性菌」もいます。

形も様々で丸いもの(球菌)から棒状(桿菌)、らせん型(らせん菌)の菌までいます。球菌のことを「コッカス」、桿菌を「バチルス」、らせん菌を「ビブリオ」と呼んだりもしますよ。

乳酸菌の名前決めのルール

乳酸菌の正式名称は「属・種・株」という3つの名称の組み合わせで決められます。例えば花粉症予防効果の高さから注目されている「L92乳酸菌」の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルス・L92株」です。

これは「ラクトバチルス属のアシドフィルス種のL92株」乳酸菌と言う意味です。

  • 属・・・ラクトバチルス
  • 種・・・アシドフィルス
  • 株・・・L92株

属・種・株を理解しやすいように人間を例に説明します。例えば鈴木太郎という日本人がいればこのヒトの属は「人間」、種は「日本人」、株は「鈴木太郎」みたいなイメージです。

このパターンで名前を付ければ、名前からその菌の特徴が推測できます。例えば「鈴木太郎は人間だから二足歩行するだろう」とか、「日本人だから髪の色は黒いだろう」ということは属や種を見れば判断できますよね。

乳酸菌にもいろいろな種類があって、特徴で属・種が区別されている、という事を少し覚えておいてくださいね。

代表的な乳酸菌の例

菌名 正式名称 期待できる効果
EC-12 エンテロコッカス・フェカリス・EC-12株 便秘予防、免疫力強化
クレモリス菌FC株 ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC株 便秘予防、免疫力強化、アトピー性皮膚炎改善、コレステロール値の低下、など
LGG菌 ラクトバチルス・ラムノーサス・LGG菌 便秘予防、免疫力強化、花粉症予防、など
ヤクルト菌シロタ株 ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株 便秘予防、免疫力強化、花粉症予防、大腸ガン予防、など
ラブレ菌 ラクトバチルス・ブレビス・亜種コアギュランス・ラブレ菌 便秘予防、免疫力強化

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌って何が違うの?

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品だけに含まれているわけではありません。漬物やキムチ、味噌、塩麹などの発酵食品にも豊富に存在しています。

乳製品由来のものを「動物性乳酸菌」、漬物や味噌などの乳酸菌を「植物性乳酸菌」と呼び区別して、「植物性乳酸菌は厳しい環境に耐えられる腸まで届く乳酸菌」などと「植物性乳酸菌入り」をアピールするような商品もありますよね。

乳酸菌に動物性も植物性も無い!

実は乳酸菌には動物性も植物性もありません!キムチや味噌を発酵させている乳酸菌は、乳製品を発酵させる乳酸菌とまったく同じ。つまりどこにすみ付いたかの違いだけで、もともとは同じ菌です。

「植物性乳酸菌だから強い!」という売り文句には意味が無いという事を知っておきましょう。

乳酸菌の働きってどんなもの?

乳酸菌はブドウ糖から乳酸を作り出す細菌だとさっき説明しましたが、その際食品に含まれる糖質を分解して「発酵」を引き起こします。この「食品を発酵させる能力」が乳酸菌の持つとても重要なチカラなんです。

例えば発酵食品は腐りにくく長期保存できますよね?これは食品が発酵したことにより酸性化し、腐敗や食中毒を引き起こす菌の繁殖が防がれたという事です。同じ菌類でも発酵させる菌と腐敗させる菌がいるわけです。

腸内でも発酵と腐敗が起こっている

発酵した食品は食べられます。健康にも良く、納豆やヨーグルトを毎日食べる人も多いのでは?しかし腐敗したものは食べられません。食べたら病気になっちゃいますから。

同じ「菌類」が起こす変化なのに「発酵」と「腐敗」は全く違うという事です。そして私たちの腸内でも発酵させる菌と腐敗させる菌がすんでいて、一方が優勢になると腸内の食べカスが発酵や腐敗を起こし、それがカラダにいろいろな影響を与えています。

発酵で作られる物質で「腸」健康に

大腸内で乳酸菌が小腸からおくられてきた食べカスを分解・発酵させる過程で、私たちに有用な物質がいくつも作り出されます。乳酸などの有機酸やビタミン類、ホルモンや酵素なども腸内細菌によって合成されているんです。

乳酸菌が腸内で腐敗物を生み出す悪玉菌を抑え込み発酵を促進することで、免疫力の活性化や整腸、アレルギーの改善など様々な効果が期待できるということも分かってきています。そのことは知らないと損をする!本当はスゴイ乳酸菌の効果8選に詳しく書いたので興味がある方は是非読んでみてください^^

このように乳酸菌は発酵させるチカラで私たちの腸内と全身を健康にしてくれるとても役立つ存在なんです。


Pocket
LINEで送る

【便通の改善におすすめ】 乳酸菌サプリBEST3!

  1. ビフィーナ®S

    「腸内フローラを良好にし便通を改善」する機能性表示食品。ビフィーナシリーズは累計販売実績1000万個を突破!※1

  2. ビヒダスBB536

    森永ビヒダスBB536はビフィズス菌(BB536)配合の「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」機能性表示食品。

  3. ラクトフェリン+乳酸菌

    ビフィズス菌、乳酸菌にくわえ、健康の維持・増進作用が注目されるラクトフェリンを配合したサプリメント。

※1 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナ®シリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)